生海苔 救済して、食す。

津波の被害は、当然東京湾にも。
東京湾 三番瀬の海苔養殖用の海苔棚が津波の影響で、固定されていたのがガタガタになってしまい、収穫用の船でドドドドと収穫できなくなってしまったとのこと。

そんな訳で、ちまちまと、手で海苔を摘むというお手伝いをしてきました。
なるべく大きく取るのが、美味しく生海苔をいただくために重要〜
磯のかおり。ぴちぴち、生き生きとした肌触り。水に触れるとブワッと広がる。
c0187626_8535472.jpg


積んだ生海苔の売上は、東北へ送られます。
c0187626_972024.jpg


朝4時起きで、6時に浦安到着。
ひととおり作業を終えてご褒美タイム!まだ朝の8時半ー。キャー。
c0187626_975117.jpg


生海苔もりだくさん、ネギと一緒に、どでか卵焼きに。目黒川での、こだま君の家での花見にお持ちしました。この夜は、浦霞と大七。
c0187626_981061.jpg

c0187626_8563164.jpg

[PR]

# by tomishiba | 2011-04-10 08:56 | 足跡(トウキョウ)

やっぱりここは、カツ丼いくでしょ

こてこてですが、勝負時!と思いましたので、ゲン担ぎに「箸で切れるやわらかなとんかつ」まい泉 青山本店にでかけて参りました。

いつも混んでいるし、とてもいい天気の休日ランチタイムだったので
ちょっと気は引けたけれど、何しろゲン担ぎに参りましたので
一人でもカウンターではなく「奥で。」とお願い。

12時ちょいすぎでしたが、ちょうど一回転目のタイミングだったのか、
数分待っただけですぐにご案内いただきました。

そこは、もともと銭湯の脱衣所だったところを改築したという、独特の開放感が楽しい空間。
 
c0187626_504847.jpg

「西洋館」といいます。「西洋」ってコトバが既に新鮮!

格子の天井の端から壁へのカーブの具合とか、照明の煌めきと暖かさが同居している様子とか、正しい制服を正しく着用されているウェイター&ウェイトレスの皆様が忙しく動きながら笑顔を絶やさない様子とか、そしてなんだかお客さんたちのリラックスして食事を楽しんでいる様子といったものが、一枚の絵のように一体化しているんだよね。「これぞ、食堂!」とでも云うような王道感があり、新興のとんかつ屋ではそうそう真似できません。(ナーンテ)

とんかつも大好きなんだけど、ここ数日はなぜか「ドン!」気分でしたので
黒豚上かつ重 1,420円也 を堪能させていただきました。
c0187626_5113147.jpg

望みどおりの、しっかり味としっかりボリューム。
揚げたてのかつ重って、ほんと贅沢です♬

目の前のテーブルのおじいちゃまが楽しんでいらした、
とんかつ単品に白ワインの組み合わせが、この夏、気になります。
生ビールならロースだけど、白ワインならヒレかなー・・・

お外の売店で販売していた「かつバーガー」も、きっと美味しいのでしょうね〜
[PR]

# by tomishiba | 2010-06-08 05:16 | 足跡(トウキョウ)

ふとしたときに出会うもの

c0187626_4345791.jpg


広告は「わざわざ見に行く」ものではないけど、とととと歩いているとふとそこに存在していて、ふとしたときに「おお!」と思わぬ驚きをくれたりするするもの。気持ちそぞろだと気がつかないことが多いけれど、本当にすてきなクリエイティブが道端に転がっているんですね。

これは都バスのバス停にて。
終電帰宅の道すがら、皇居の暗闇を背に日比谷の街で光っておりました。


ちょっと展開むりやりだけど、つくづく、
実は人生に与えている影響の度合いは、
「計画」だとか「予定」より
「ふと」なんて、「偶然に」なんてこととの方が大きい気がするし、なんていってもドラマティックだ。

先週は、猫さまのおかげで、夢にだって思うことがおこがましい出来事が現実に起きたりして!
すごいすごい、凄いことです。

そんなわけで、「既に実現したこと」なのに私にとっては「夢の始まり」であって、しばらくはホワホワ幸せを噛み締められる。

ほわほわー

どうぞ、世の中のすべての人にほわほわを。
[PR]

# by tomishiba | 2010-05-04 14:55 | きになる広告

文具が気になる

そんなこんなで、平日の朝から夜まで仕事をしているわけで
となると、この時間を楽しく過ごしたいなと思うわけで

いかにもビジネスパーソン的な流れなんだけど
自分の周りに可愛い文房具を揃え始めています。

Clairefontaineのノート。紙質がすこぶる良い。
c0187626_10354336.jpg


phrungniiのペンクル。くるくるくるるる
c0187626_1038109.jpg


ご存知LAMYのお手軽系、noto。
c0187626_10435344.jpg

深澤直人さんのデザインはなんでこうもシンプルで、胸キュンなんだろう。

特に「書く」という仕事においては、「馴染む」ことが大切。
[PR]

# by tomishiba | 2010-03-27 10:48 | ひとりごと

ようやく行ってきました

c0187626_2035291.jpg


理由は分からぬが、行かねばならない気がしていた。

雪がちらつく中、ブレスサーモのタイツ&カシミア&ダウン&パタゴニアアウター&帽子に手袋と完全装備で。

休日は入場に2時間待ち、なんて情報があり、寒さには弱くないんだけど、「並ぶ」行為がとにかく好きではないので、朝一番を狙う。
よって、すんなり会場入り。ヤッタね!!
建物の中は暖房が効いているので perfectly モーマンタイ。

普段は足を踏み入れることが許されない場所、というのは、ご近所だろうが地の果てだろうが、とにかくそれだけで魅力的である。そして、そこは、近い将来には永遠に失われる場所。

どんなものも、次の瞬間には変容してしまうことは知っているけれど、改めてそう認識するだけで自分の目が変わってしまうのって、我ながら、不思議。

c0187626_2191540.jpg
c0187626_219294.jpg
c0187626_2194088.jpg
c0187626_2195756.jpgc0187626_21101020.jpg
c0187626_21102526.jpg


午前中はまだヒトも少なく、アーティストやパフォーマーの方と直接話せたり。これはすんごい刺激的〜 楽しかった楽しかった!

遅めのランチは、大好きなPizzeriaで周りの会話をダンボ耳で楽しみ、そして今度は表参道でびっくりするような巡り合わせが。

このところ、自分の想像を超える巡り合わせが、重なっています。
c0187626_21103551.jpg

[PR]

# by tomishiba | 2010-02-13 21:01 | 足跡(トウキョウ)