<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

葉山ハヤマ

シルバーウィーク、という名称に今ひとつ納得しきれないまま、シルバーウィークに突入しました。
なんといいますか、「ウキウキ」度の低い語感で、この名前のせいで、どーんと旅行、どーんと買い物、というより近場でしっぽり秋を味わっておく?というマインドになりそう。それでもまあ、都心でお買い物なんぞされることが増えるようだったら、消費には好影響なのかなあ。(てきとう。)

ということで、シルバーウィーク初日は2ヶ月ぶりの歌舞伎座を味わったその足で鎌倉へ向かい、高校からの友人と葉山にでかけて参りました。
駅前の魚屋さんや八百屋さんで、「葉山産」「鎌倉産」を物色。お店の人とのおしゃべりも含めて、本当に楽しい時間。定番の生しらす、透き通った穴子、ぷりぷりしたかさご、タコ、小松菜、里芋、きゅうり、なす、といった地元のものと、その他もろもろ買い込んで一気に調理!
飲み食いが大好きなおなごが4人集まると、そりゃ手際のよろしいこって。あっという間に食卓には新鮮野菜と魚のお祭り騒ぎに。

とあるお方のご厚意によって利用させていただけるお部屋は、まさに「海の上」に位置し、波の音を聞きながらみんなで広々とゴロ寝できます。そして目覚めたら目の前には輝く青い海と富士山!

昔の会社の同僚と図らずして再会を果たせた葉山の朝市と、天然酵母のパン屋さん、あとはランチにちょっと出かけたけど、それ以外はとことん海をみて、本を読んで、おしゃべりして、昼寝して、歌をうたって、一日が終わってしまいましたー。
海は常に動いてキラキラ輝いて、みているだけで気持ちが落ち着いてきます。

頭で正解が分かってるのに、気落ちがその通りに動いてくれないようなときって、どこまでも続く海とか、ずっと満ち引きを繰り返す波とかをみているだけで、すーっと心が落ち着いていくのですね。一緒にいた友人も、本当に優しくて、安らげる人たちだったので、わさわさしてた心臓も、通常通りのテンポに戻ってきました。ふう。

なお、葉山にはかなりたくさん存在している天然酵母のパン屋さん。今回伺ったのはこちらのお店。
なんとかわいい店構え!中はカフェにもなっています。

c0187626_6846.jpg


天然酵母のパンだから一週間保存がきく(!!)ということで、少量/量り売りで買えるので4種類くらい選んじゃった。なかでも、我らが故郷の名産品、仙台みそのパン(におい強め!)は、おすすめに従って、無塩バターとの相性が感涙もの。しゃーわせな休日でしたー
[PR]

by tomishiba | 2009-09-21 15:18 | 足跡(トウキョウ以外ニホン)

私的アスパラガス

意外なことは、ふとした時に起こるものでして。

とりあえず、秋の赤ワインは美味なのです。

c0187626_137368.jpg


ミーハーですが、白いiPhoneを入手しましたー
[PR]

by tomishiba | 2009-09-18 01:31 | 足跡(トウキョウ)

富士山からのご来光

←Clickするとアルバム♬

2009年は、富士山から輝く太陽の光を浴びて始まったので、それならば登るしかないでしょう、ということで登ってみました。

山脈が多い日本の地形のなかで、ぽっこり出っ張っている、へんてこな山。

登るより観るのが富士山の楽しみ方、とおっしゃる方も多いですが、いやいやそんなことはございません。登るのも、下るのも、実はかなり愉しい山でした。

光と水蒸気をたっぷり蓄えた雲海に光があたったその景色は、比類ない神々しさ。
その景色は、何も語ったり伝えようとしてこないけど、そのものだけで人を感動させるパワーを持っていたのでした。ああ。

来年も行こうかなー。

連れて行ってくれた皆様に、ほんと感謝!!
[PR]

by tomishiba | 2009-09-15 00:06 | 足跡(トウキョウ以外ニホン)

新木場でご来光

c0187626_16401741.jpg

こちら、大好きな友人たちに、私が仕事で関わっている「お金」の話をシェアしたいと思って書き始めたのですが、ちょうど今年の2月にグループ会社内の異動が立て続けに起きて、結果として、個人のブログでなく会社の活動として、当初の目的が達成されそうになったですのよ。やった☆

具体的なお話は、2009年9月28日(大安♬)にリリースします!!!

もちろんそれもまだ、生まれたてのもので頼りない内容かもしれないけど、私が今の会社にいるうち(苦笑)にもちょっと成長させて、皆様のお役に立つものにしたいのう。

ということで、全くもって資産運用に関係ない話を!
感動的な、新木場でのご来光。
※あ、先日フジヤマでもご来光を拝んできたのですが、先に新木場の方を報告。

昨晩は、密かに尊敬してて、堂々と愛している友人が、その能力を遺憾なく発揮しちゃったスーパーイベント「Tokyo Crossover / Jazz Festival 2009」(TCJF)だったのです!

今年でなんと7回目の開催。
そして今年はなんと、沖野さんのDJ 20周年記念ということで、毎年あり得ない豪華絢爛さなのに、さらに、さらに、想像を絶する顔ぶれが。

特筆すべきはやはり20周年記念のSpecial Live Setでして、いきなりMondayさん・・・。いきなり泣きそうなんですけどぉ。
沖野さんの、いつもより饒舌なMCが、彼自身もこのお祭りに興奮している様子をまざまざと見せつけられているようで、内臓からしびれる。なんと格好いい男のひとなんだ。
さらっと、Brand new heavies の Jan とN'Dea Davenport が、叩いたり歌ったりしてるし。ふ、二人も!? 気がついたら目の前でロブが早口で捲し立ててるし。 いや、たまげました。
そして、そろそろそろそろそろですよね、そろそろそろというところで、雅やんと、B-BANDJ、そして成さまが。会場が大波に襲われた瞬間。

ANGER


中村さんと菊地さまのラッパが、B-BANJのラップが。

がぁぁぁ

全身動かして、体中で吸収するしかないっす。

最後にはMondayさん再びご登場で、ステージの上は理解を超えた世界に。気がついたらいろいろなものが混ざり合ってとけ込んだ液体が瞳を覆っている。

ああ、良かったなあ。
まだ余韻が残ってます。

このところちょっと切ない秋を迎えていたんだけど、先週の日比谷UAといい、
すっかり音楽に癒されて、かえって味わい深く季節を楽しめているような。
人生っていろいろあった方が、愉しいね。

イベントそのものは、3000人もの来場者を記録したようです。本当にたくさんの人が感動を味わっただろうなあ。
もう6時をまわって、明らかに外からは朝の気配が流れているフロアで聞いた沖野さんのメッセージ、本当にじんわりしました。

猫姫さん、本当に、良かったよ。こんな機会を与えてくれてありがとう。
[PR]

by tomishiba | 2009-09-12 16:40 | 足跡(トウキョウ)