<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんなに円高!こんなに株安!・・・今こそ投資の絶好のタイミング!? ≪投資タイミング≫

さーて、激動の2008年もそろそろクロージング。東京証券取引所は12月30日の前場まで取引されますが、日本のマーケットに大きな影響を与えている「外国人投資家」の皆様はクリスマス休暇に入り、マーケットは閑散としています。

2008年は金融や経済などにあまり興味のない人でも、報道や街の様子から、なんとなく「よろしくない」気配を感じとれる一年だったのではないでしょうか。それを改めて数値化すると、今年の年明け1月4日に14,691.41円で始まった日経平均株価は、12月26日には8,739.52円と40%以上の下落。1月2日に111.66円だった米ドルは、ただいま90円前後をフーラフラ。それ以外にも、原油やら金やらプラチナやら小麦やらの値段が乱高下した一年でした。

つまり、よっしゃ資産運用するぞ!と、今年の初めに100万円を日本株に投資した人がその株を売らずに今に至っているとすると、その資産価値は60万円になってしまっているのです。視点を変えてみると、今年の初めに100万円だったモノを、今なら60万円ポッキリで買えるのです。

・・・・・これって、おトクなの?

どう思います?どう思います?


実はこのところ、そう思い始めている日本の個人投資家が多いらしく、株式がドドンと値下がりした今年の10月以降、日本の個人投資家は日本株を大きく買い越しているのです。こちらに見やすいグラフがありますので是非ご覧ください。

株式市場では、株式という金融商品が売り買いされています。その、株式の「売られた金額」と「買われた金額」を比較して、「売られた金額」の方が多ければ「売り越し」、「買われた金額」の方が多ければ「買い越し」と言われます。

このグラフでは青い色が、日本の株式市場での存在感が実はとても大きい外国人投資家の売買動向、黄色が個人投資家の売買動向、グレーの線が日経平均株価を示しているのですが、一目瞭然、今年の10月に外国人投資家は日本株を売り越して、日本の個人投資家は日本株を買い越しています。この流れは11月以降も続き、どうやらこの一年トータルでも、日本の個人投資家は買い越しとなりそう。

★ここでちょっと脱線★
で、先ほどのグラフを見た方はお気づきかもしれませんが、実は、日本の個人投資家と外国人投資家って逆の動きをしがちなのです。見事に黄色と青色が分かれているでしょう?このように、日本の個人投資家って海外からみると「ええー?」という動きをすることが多いと有名で、世界中から「ミセス・ワタナベ Mrs.Watanabe」と呼ばれています。日本人的には誰!?って感じですが・・・。
某日本の主婦トレーダーがイメージされているとまことしやかに言われているミセス・ワタナベが有名になったのは、去年くらいまでの“超円安で日本円は超低金利、外国通貨は高金利”という時期に「FX」という為替取引において、日本の個人投資家の存在感がとても大きかったころです。(FXの話はまたいつかね。)

そんな日本の個人投資家ですが、こうやって外国人がワーっと日本株を売っているときに日本株を買っていたりするので、結果として「安い時に買って、高い時に売る」のに成功している、という評判も。地味〜に強い、らしい。
★脱線おわり★

と、ここまで書いておいてナンなんですが

おおそうか、皆買っているのか、では私も始めようかね投資を。

などと思ってはいけませんよ。

日本株だろうが、アメリカ株だろうが、新興国株だろうが、米ドルだろうが、ユーロだろうが、(以下略)、いつが買い時かなんて、ぶっちゃけ、分かんないのです。
ほぼ、誰にも、分かんないのです。
ノーベル経済学賞をとった人も、そのような人たちが作った会社も、結構おっきな失敗してます。分かるとしたら、短期的に市場を操作することができる人が、その力を活用して市場を動かすような時くらいでしょうが、それは違法です。人間としてやっちゃあいけねえ行為ってぇやつです。

ただ、事実として言えることはあります。

・今年最も株価が低かった10月27日の日経平均株価 7162.90円という水準は、1982年10月以来、約26年ぶりの低さ。
・12月18日の 1米ドル=87円台という水準は、13年ぶりの円高。

それでは、今後もっと上がるか/下がるか、については「これだけ下がった(上がった)のだから、もっと下がる(上がる)だろう」とも言えるし、「これだけ下がった(上がった)のだから、まあそろそろ上がる(下がる)んじゃないかな」とも言えちゃうのです。やっぱり。はっきり言えなくてすみません。

ただし、上がり続ける相場もなければ、下がり続ける相場もありません。
そして今は、ここ数十年の中でも滅多にない、株安・円高の「領域」にあるとは言えます。
また、海外に目を向けてみると、実はアメリカやヨーロッパのような先進国から、インドや中国というこれからの成長が期待できる国まで、今、どこもかしこも「●●年ぶりの株安」の状態に陥っています。

来年すぐに、経済が持ち直すことはないだろうし、むしろもっと景気は悪化するかもしれない。ちなみに、株価は景気を先読みするとも言われています。景気の底よりも株価の底は先に来るという。でも、いつが景気の底なのか、そして株価の底は、景気の底よりどれくらい前に来るのかも誰にもわからないんです。

と、ここまでグルングルンと書いてしまいましたが、結論としては、損はするかもしれない、という覚悟をしっかり持てれば、今、投資を始めるには良い時期だと思います。はっきりいって、私は今から始める人のことが羨ましいです。損なんか絶対したくなーい!という人は、まだ、悩んでてください。(時間ばかり過ぎちゃうけど・・・)

そして、投資を始めると決めたなら、まず知ってほしいことは「投資のタイミングを小分けにする」こと。
だって、やっぱりもっと株価下がるかもしれないんだもん。もっと円高になるかもしれないんだもん。
ということですので、100万円を投資しようと思うのなら、毎月10万円ずつ×10か月に分けましょう。そうすれば、一番安い時にドカンと買うことはできなくっても、一番高い時にドカンと買うこともありません。

さて、はたまた長文となってしまいましたが、次回もまた、投資を始める「時機」について続けたいと思います。

◆◆◆まとめ◆◆◆
今が投資の絶好のタイミングかどうかは、誰にも分かりません。
でも、そんなに悪いタイミングでもないような気はします。
同様にお感じでしたら、一度にドカンではなくチビチビと、タイミングを分けて投資を始めることを検討しませんか?
[PR]

by tomishiba | 2008-12-26 19:51 | おかねのはなし

あなたが資産 ≪資産運用とは≫

個人投資家の資産運用に関する仕事に従事していながら、大好きな友人たちに何か聞かれてもどうもいつもナイス返答ができず、えっと、スミマセン。

その原因は、明らかに自分自身の理解が不十分で脳みそ内での整理がついていないからなんだけど、整理されるのを待つとみんなおじいちゃん&おばあちゃんになっちゃうので、この場で少しずつ、伝えたいことを書き出していこうと思います。

初回は、資産運用ってなんぞや、今、資産って言うほどの貯金もないし、そもそもお金持ちの世界の話じゃないの、という問いかけについての、私の考えを述べさせていただきマウス。えっと、長いです。

さて、ただいまアラサーな私の周りは、結婚や出産など、もう子供ぶることはできないイベントが盛りだくさん。当然、お金もかかります。リクルートの調査によると結婚費用の相場は421万円らしい。そしてAIU保険の2005年の調査によると子育てにかかる費用は一人あたり3000万円(全て公立の場合。中学から私立だとすると6000万円超。ちなみに内閣府の試算では1300万円。)とのこと。キャー。その他、マイホームやら海外旅行やらクルマやらガンプラやら、大往生までの数十年間で必要なお金って一体いくらなの・・・。

ということって、自分以外の誰も考えてくれないのです。結婚や出産など、嬉しいサプライズで助け舟をだしてくれるお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんも、いつまでも助けてくれるわけではないし。ちなみに、人生の先輩である彼らに聞いても、思ったより考えてなかったりします。「何とかなるのよ産んじゃいなさい!」などと言われたりします。・・・・。ま、それも一理あるのですが。

親以上の世代と私たちの世代とで一番異なるのは、私たちの国、日本の国力でしょう。巷で言われているように、2005年から始まってしまった人口の減少や高齢化、そして中国やインドといった新興国の経済的な成長と競争激化によって、現在世界で2位という経済力を誇る日本の経済的な国力は、まず間違いなく、弱っていく。もちろん、必要以上に弱気になることないし、頑張り続けていかないといけないし、大どんでん返しで日本が最強の経済力を誇る可能性だってあります。ただ、そうならない可能性もかなり高い。高まっている。だから「何とかなるのよ!」という言葉に勇気づけられてグングン前進していくと、「何とかなんなかったぢゃん!」となる恐れが多いのですよ。残念ながら。

具体的には、「とりあえず定期預金」「保有資産は全て日本円」「金利の仕組みを理解しないで組んじゃった住宅ローン」「お姉さんがキレイだから契約しちゃった生命保険」「とりあえずグロソブ」「とりあえずトヨタ一点買い」とか、ちょっとよろしくない。かも。ネ。

語弊を恐れずに申し上げますと、個人にとってよろしくないことでも勧めるのが金融機関です。世界を騒がせている金融危機のきっかけとなった、アメリカのサブプライムローンという「考えてみたら、それってあり得ない!!」商品が堂々と売られていたくらいですから。(その辺りは、また改めて解説しますっ。)銀行だって、証券会社だって、郵便局だって、生命保険会社だって、そう変わりはありません。

かといって、彼ら彼女らも何も騙そうと思って勧めているわけでもないと思います。どちらかというと、実は彼ら彼女らも、自分が勧めている商品について良く分かってなかったり、本当にその人にとって良い選択なのかは確信を持てているわけでもないというか・・・。そういうことって、十分アリエールでしょ。

そんなわけで、手遅れにならないうちに、自分に必要な資産を、自分でコントロールしていくべきと気づくことってとても重要。完全無欠な計画というものは無論無理ですが、「なんとなく計画」をたてて、おっきなトコロをでっかく間違えることはないようにしたいと思いませんか?私は思います。ま、既におっきなトコロで間違えたりしてますが(笑)、自戒を込めて。ね。
資産運用とは、きっとそういうことだと思います。

そして、今貯金ないしー、と仰る方に対して、不肖とみしばから一言申し上げますと、「うんにゃ、あなたこそが最大最強の資産なんすよ」。

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」を元に計算された(参考)大卒の女性の平均生涯所得は2億7,700万円。こういう場合の平均値はあまり役に立つ数字でもありませんがともかく、せっせと働き、収入を得る自分が、今でもこれからでも、一番の資産です。具体的には毎月5万円の収入があれば、例えば5000円を積み立てすることもできるかもしれません。そのようにして、資産運用を始めることができます。

自分という資産を活用していくためのいわゆる自己投資として、資産運用について少しずつ考え、知識を増やしていきませんか。あんまり焦らず、あんまりゆっくりもしすぎずに。

◆◆◆まとめ◆◆◆
これまでは「それがフツー」だった日本の国力や経済成長に変化がみられるなか、一人ひとりが自分に必要な資産をちゃんと用意するために、自分の資産を自分で管理していくことが重要なのだ
[PR]

by tomishiba | 2008-12-23 23:32 | おかねのはなし

国立邪宗門と上海蟹

大学は中央線沿線にあって、新宿から面白いくらいに真っ直ぐ走るあのオレンジ色の電車に乗って、銭湯の煙突の本数を数えながら通っていたものでした。(かなり昔のはなし。)

その街にある超老舗の喫茶店が12月21日に閉店されるという情報を耳にし、卒業以来初めて、訪れました。という話をすると、「よく行ってたの?」と聞かれますが、なにぶん学生時代には500円以上する喫茶店の珈琲なんてかなりの贅沢品でしたので、そう何回も行けてません。喫茶店での思い出の数としてはドトールとモスバーガーが二大巨頭です。

いわば大人買い的な訪問。とっぷりと暗くなった街に降り立ち、懐かしい道を進むとヒールが石の間にはまったりして、「あー、学生の時はニューバランスやらブルックスやらプーマでしたのう」と思い出す。入り口の前には既に待っている人が何人か。待っている人、出てくる人と自然に会話が始まる。こういう雰囲気、そうそうない。

先日この世から旅立たれた門主の感性で集められた、たくさんの宝物やアンティークの光やおもちゃたちはとても温かい。流れる音楽はシャンソン。ちょっと大げさだけど、時空を超えた空間のようで、門主が居ないなんて想像もできない。冷たい生クリームが乗ったエスプレッソと、強めの煙と、こむずかしい短編小説を楽しむ。

c0187626_1833150.jpgc0187626_18331910.jpg



その後は、同じく中央線のたかま宅で上海蟹まつり。全然接点のないメンバーが「上海蟹をたらふく食べる」という一つの目的のもとに集まる(by たかま)という、壮大な計画です。ふふ。私含めて、何人かは初めての上海蟹で、その想像を超えた味覚に驚く。日本酒が美味しかったけど、紹興酒などでもいいのかな。感動しました!


その後は終電で渋谷ROOMへ。やっぱり酸欠になりそうになった。笑。
[PR]

by tomishiba | 2008-12-21 18:31 | 足跡(トウキョウ)

お引越し

甚だしい気まぐれでしか更新しないけど、薦められるがまま引越してみました。
引越前ブログはこちらにひっそり潜んでいます。

2008年はすごっく、大きな決断をした年でした。
まだ全ての懸念される物事がスッキリしたわけではないけども、自分らしいと思える方向性を見極めることができて、良かった。正解とか不正解とかいう観点であれば不正解と言われかねないけど、まだちょっと、そういう生き方をさせてください。

そんな自分勝手な生き方をしているわたしは、大切な物事をしょっちゅうボトボト落としているようなので、忘れたくないことを残すことにしました。あと、好んで酩酊状態に陥り、伝えたかったことを伝えられないことも多いので、伝えたいことも残していこうかな。

私の大切な人たちに、たまに覗いていただけると嬉しいです。

とみしば
c0187626_17214453.jpg

[PR]

by tomishiba | 2008-12-21 17:12 | ひとりごと