カテゴリ:きになる広告( 1 )

ふとしたときに出会うもの

c0187626_4345791.jpg


広告は「わざわざ見に行く」ものではないけど、とととと歩いているとふとそこに存在していて、ふとしたときに「おお!」と思わぬ驚きをくれたりするするもの。気持ちそぞろだと気がつかないことが多いけれど、本当にすてきなクリエイティブが道端に転がっているんですね。

これは都バスのバス停にて。
終電帰宅の道すがら、皇居の暗闇を背に日比谷の街で光っておりました。


ちょっと展開むりやりだけど、つくづく、
実は人生に与えている影響の度合いは、
「計画」だとか「予定」より
「ふと」なんて、「偶然に」なんてこととの方が大きい気がするし、なんていってもドラマティックだ。

先週は、猫さまのおかげで、夢にだって思うことがおこがましい出来事が現実に起きたりして!
すごいすごい、凄いことです。

そんなわけで、「既に実現したこと」なのに私にとっては「夢の始まり」であって、しばらくはホワホワ幸せを噛み締められる。

ほわほわー

どうぞ、世の中のすべての人にほわほわを。
[PR]

by tomishiba | 2010-05-04 14:55 | きになる広告